++FFFD++

服と風景が好きなのんびり冒険者の記録です。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
shade-s.jpg
shade-b.jpgシェードハーネス
防19 エンプティキラー Lv25~ 戦モ赤シナ暗獣吟侍忍竜青コ
骨細工・裁縫・革細工(土)夜光布 ビロード 黒虎のなめし革 ウラグナイトの殻×2 エフトの皮×2 現のアニマ

シェードミトン
防7 エンプティキラー Lv25~ 戦モ赤シナ暗獣吟侍忍竜青コ
骨細工・裁縫・革細工(土)夜光布 大羊のなめし革 黒虎のなめし革 ウラグナイトの殻 エフトの皮 現のアニマ

シェードタイツ
防14 エンプティキラー Lv25~ 戦モ赤シナ暗獣吟侍忍竜青コ
骨細工・裁縫・革細工(土)夜光布 ビロード 黒虎のなめし革 ウラグナイトの殻×2 エフトの皮×2 現のアニマ

骨細工のスキルを上げていた頃に作ったシェードハーネスです。脚を揃えないと変な感じがしたので、脚と手を作ってから記事にしようと思い保管していたら、10ヶ月以上の月日が流れてしまいました。。w

ハーネスと名がついていますが、あまりハーネスらしくない装備です。初めてハーネス系の装備を着たときに、もう二度と着ない!と思っていましたが、この装備は一度着てみたいと思っていたので作ってみました。

身体にピッタリフィットするカッコいいデザインですね~。腰周りとタイツにはハーネス系らしさが残っています。

私は袖のデザインが特に気に入っています。こんな半袖の服は他にあったかな? ダブレットも袖は短いですが、こちらの方がすっきりしていてカッコいいですね~。肩には車輪の様な模様がついていて、裾の三角の模様はタイツとお揃いになっています。

ミトンは腰のベルトに付けられている、脚を守る部分?と合わせたデザインになっています。
スポンサーサイト

3種のつぼ 

2007.01.23 08:19


イエロージャー ウィンダス様式の黄色い瓶。
レッドポット ウィンダス様式の赤い壷。
ホワイトポット バストゥーク様式の白い壷。

野草の種の栽培でギザールの野菜が採れたので、バタリアでチョコ掘りをしてみました。そこで初めてレッドポットを掘り当てました!
チョコ堀を始めた頃からこの壷の存在は知っていて、どんなグラか興味があったので嬉しかったです♪(掘れまくる人は、取っては捨てって感じのアイテムらしいのですがw)

モグにもともとイエロージャーを置いていたので、ついでにホワイトポットも買って、3種類の壷を並べてみました。

説明を見てみると、イエロージャーは壷ではなく瓶だったんですね~。イエロージャーとレッドポットはウィンダスらしい模様が入っていて、ホワイトポットはバス様式なので、シンプルに作られています。

アルモアールの記事を書くときに見つけたお気に入りの家具サイト様によると、他にもスカイポットという壷があるみたいです。こちらはとても面白い形をしていて、是非この3種の隣に置きたかったんですが、海図でしか手に入らないので断念しました。。でもいつか載せたいな~。

胡鬼板 

2007.01.16 21:27

battledore.jpgD2 隔264 Lv1~ All Jobs

先日ようやくオトシダマをもらえて、胡鬼板を手に入れることが出来ました。

羽子板といえば、芸者風な女性の飾りが前面についた物を想像してしまいますが、こちらはシンプルなデザインですね~。実際に羽根突きとして遊ばれていた時にはこんな羽子板を使っていたのかな。

ちなみに胡鬼板というのは羽子板の昔の呼び名なんだそうで、羽子も胡鬼もトンボの事を指すそうです。起源は中国で、室町時代の頃に日本に伝来したんだそうです。

ただ単に正月に遊ぶ遊びとしてしか認識していませんでしたが、厄払いとして正月に女性にあげる習慣があったんだそうです。うちにもガラスケースに入った飾り用の羽子板がありますが、願いが込められた物だったんですね~。(参考:Wikipedia様)
bards_cuffs.jpg
コラルカフス
防15 HP+14 CHR+4 歌唱スキル+5 敵対心-1 Lv60~ 吟

バードカフス
防18 HP+16 回避+5 管楽器スキル+3 敵対心-3 Lv73~ 吟

吟遊詩人AF1とAF2の両手装備です。長袖の装備と合わせるとカフスの部分が見えなくなってしまうので、ダブレットと合わせてみました。

カフスの部分はそれぞれのAFの色にファーで縁を飾っている感じですね~。手の部分はAF1が白、AF2が紫がかった黒になっています。甲の部分の柄が、AF1はシンプルな2本のラインだけなのに対し、AF2の方は何かの柄が刺繍されているようです。

横から見るとそうでもないですが、後ろから見るとカフスの大きさが目立ちます。私はダブレットやエプロンを街で着ていることが多いのですが、その時はこの大きさが目立ってしまうので、カフスは外しちゃいます。

今回はコラルとバードについて調べてみました。英和辞書によると、コラルは 合唱の という意味で、バードには (ケルト族の)吟遊詩人 という意味があるそうです。
AF1が実装された時からデュナミス実装は決まっていたのかな? コラルよりもバードの方がより成長した歌うたいな感じがする名前ですね~。

アルモアール 

2007.01.08 17:39

armoire2.jpg
サンドリア様式の防具収納用大型箪笥。
木工・彫金(土)エボニー材×7 ゴールドインゴット

赤魔道士がプロテス4を覚えられるレベルになったので、そのスクロールをモグが見つけてくれるというアルモアールを買いました。

こちらも予想外に大きい! サンドリア様式なので、エルヴァーンの装備が収納できるサイズになってるのかな? タルさんだとかなりの装備が収納できそうです。

エボニー材を黒く塗って作られているのか、ちゃんと木目が見えています。扉は緑で縁取りされ、上下と取っ手等がゴールドインゴットで装飾されています。扉の部分にも目立たないように模様が描かれていますね~。サンドリア様式らしく高貴な感じがするデザインです。

このアルモアールは17~18世紀頃に実際に存在していた家具で、ルーヴル美術館に何点か収蔵されているそうです。検索して見てみたんですが、本物はすごい! 細かなレリーフが施されていてとーっても素敵です。
興味のある方は検索して見てみてください。何だかルーヴル美術館に行きたくなっちゃいました。

昨年は、こんなつたないブログを見にきていただいて、ありがとうございました!
色々やりたい事があったり時間がなかったりで、なかなか更新速度が上がらなくて申し訳なく思っていますが、これからものんびり更新しようと思っていますので、気が向いたときに見に来てくださいませ~。よろしくお願いします ^^

写真は私が一番好きな場所、熊爪嶽の日の出です。ほんとは羽子板と掛け軸を取って、その写真を載せたかったんですが、なかなかオトシダマがもらえなかったので諦めましたw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。