++FFFD++

服と風景が好きなのんびり冒険者の記録です。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

アクトン 

2006.07.07 21:28

aketon-s.jpg

aketon-b.jpg防39 HP+10 AGI+5 耐火+1 耐氷+1 耐風+1
耐土+1 耐雷+1 耐水+1 回避+5
Lv60~ モ白赤シナ獣吟竜召青コか

裁縫・彫金・錬金術(土)プラチナインゴット 金糸×2 ビロード 絹布 サルタ綿花×2 黒甲虫の体液

まだCapricious Cassieが最強のHNMだった頃に、とてもとても憧れていた装備です。10万が大金だった時代に200万の値段がついていました。自分には到底買えない代物だったので、同じフェイスで装備している方をこっそり隠し撮りしたりしていましたw

ガンビスン系の服の中では、前回のグラモアジュポンとよく似たデザインになっています。
この綺麗な青色がとても印象的ですね~。今はバスの礼服がありますけど、当時は青い装備はチェーンメイルシリーズくらいしかなくとても珍しかったです。
この青い部分には、2種類の青色が使われています。袖と肩と前掛けの部分は鮮やかな青ですが、襟と側面から後ろにかけては少し紫がかった青色が使われています。

肩の部分は左右で色が違って、その茶色は背中の茶色と色を合わせてますね~。
金具の部分はグラモアジュポンの金と違って、白金が使われています。よーく見てみると、金具の形も微妙に違います。芸が細かい!

アクトンを手に入れてまず驚いたのは、この袖の模様です。漠然と「青いガンビスン」とだけ思っていたので、こんな違いがあるとは思っていませんでした。グラモアジュポンとの最大の違いがここかなぁ。手に入れた頃は、何だか気持ち悪い模様だなと思ったものですが、ずっと着てると慣れましたw

ちなみにアクトンというのも、実在した装備です。紀元前から存在していた布製の鎧の一種だそうで、鎖帷子の下に着るのが主流だったそうです。くず布などを詰め込んだアクトンは緩衝材の役割を持っていたようです。(参考:FF11 狩人のメモ様)
材料にサルタ綿花があるのは、上記の歴史を元にしていたんですね~。


最後にひとつ。
念願のアクトンを手に入れてとっても喜んでいた私に、フレが言った一言が今でも忘れられません。

「でもその青って、甲虫の体液だよねw」



・・・言わないでほしかった!!!w
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。